あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

タウンエーストラックVSハイゼットトラック辛口比較!【燃費・価格・カラー】

taunhai

タウンエースとハイゼットは比較されることも多いトラックですが、どちらかと言うとハイゼットトラックのほうがカラーバリエーションが豊富で店舗や事業向けに良い場合があります。実際の燃費や価格はどちらがよいのでしょうか。

タウンエーストラックVSハイゼットトラック比較1.燃費

nenpiハイゼットトラックのスタンダードでは18.4~19.6km/lですが、タウンエースは11.6~12.8km/lの燃費で、ハイゼットのほうが大幅に燃費が良いと言えます。

カラーも多少選べるので、居酒屋や一般店舗でも仕入れや販売の際には、ボディのカラーをそのまま利用できるでしょう。もちろん、タウンエースも自身で色を塗れば良いですが、その分経費やコストがかかるので、ハイゼットのほうが断然魅力的です。

燃費はハイゼットが良いですが、欠点といえば積載量の不足です。最大積載量が350kgなので、タウンエースの750kgや800kgに比べると少し物足りない感覚が残るでしょう。大量に載せたい場合にはタウンエースのほうが良いかもしれません。

ハイゼットトラックの勝利!!

タウンエーストラックVSハイゼットトラック比較2.価格

kakakuタウンエースとハイゼットの価格は、142万円と65~90万円で4WDのモデルを選んだとしてもハイゼットの方が安く購入できます。タウンエースは長さ・幅・高さが2430・1585・360ですが、ハイゼットは、1650~1940・1410・285です。どちらかというとタウンエースのほうが積載容積は多くできます。

タウンエースもハイゼットもエアバッグがついているので万が一の衝撃にもしっかりと対応しています。一般的に作業用として使う場合にはそれほどスピードは出ないですが、前面衝突時にはしっかりと運転席や助手席を守ることができます。ABSもついているので急なブレーキでもロックされずに素早く回避行動が取れます。

ハイゼットトラックの勝利!!

タウンエーストラックVSハイゼットトラック比較3.カラー、デザイン

colorカラーバリエーションが魅力的なのは、ハイゼットでオレンジや薄いピンク、水色、カーキ色などが選べるので個性を重視したトラック選びができます。

一般的には白いイメージが強い軽トラですが、ハイゼットならば、自分の好みの色が選べるので作業も楽しくできるでしょう。ボディカラーに合わせた内装のデザインも選択できるので、その分非常におしゃれに楽しめます。

ハイゼットトラックの勝利!!

まとめ:ハイゼットトラックの方がおすすめです!

ハイゼットトラックは、燃費もよく、価格も100万円しない安さでビジネスをする時には特にオススメです。エコなエクストラスタンダードを選べば燃費は21km/lにもアップできるので、とてもお得で環境にも優しく利用できるでしょう。ビジネスに合わせて最適なトラックを選べ事をおすすめします。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ