あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

シエンタVSフィット辛口比較!【乗り心地・燃費・デザイン】

shiefit

小回りが利き、市街地でも乗りやすいのはやはり小柄なボディの車ですが、家族が多ければ乗車人数も多くないといけませんよね。今回は小柄でもパワフルに走れるシエンタとフィットの比較です。あなたにあったクルマはどちらでしょうか。

シエンタVSフィット比較1.乗り心地、運転性能

Printシエンタは最大で7人まで乗車できるので、見た目には小柄ですが、内部が若干窮屈で、ボディも少しフィットよりは大きい感じがします。

その点、フィットは小柄なボディで、狭い道でも走行でき、市街地も軽々と走行することができます。座席は広々としているフィットは家族で利用するのにも最適で、運転席からの視野も広いので右折も左折も快適です。

低燃費でありながらも加速がよく、路上ではかなり快適な走りが感じられます。サイドミラー近くの小窓も視認性を高められるポイントで、安全面の良さも目立ちます。

ナビの位置は助手席に近いので、しっかりとドライブを楽しめます。音声での案内もあるので快適さをしっかりとアップさせてあるのがフィットの特徴とも言えます。

フィットの勝利!!

シエンタVSフィット比較2.燃費

nenpiシエンタとフィットの燃費は、17.2km/lと36.4km/lで、フィットのほうが確実に燃費が良いです。

二倍以上の差があり、大人数を乗せる可能性が高いシエンタは更に燃費が落ちる可能性もあるので、フィットの低燃費はより際立ちます。もちろん、エアコンの冷房の使用や急加速、坂道発進などの条件によっては燃費は両者とも悪化しますが、それでも基本スペックから燃費が魅力的なフィットはかなりオススメです。

フィットは走行状態に応じてEVドライブモードとハイブリッドドライブモードを自動で選択肢、減速時にはバッテリーを自然に充電します。そのため、エネルギーを効率的に利用でき、燃費もかなり向上されます。

フィットの勝利!!

シエンタVSフィット比較3.デザイン、ボディカラー

colorフィットはカラーバリエーションも多く、シエンタよりも自由度が高いデザインとなっています。高輝度なカラーが多く、市街地でも目立つボディになっているので、おしゃれを楽しみたい人にはフィットは最適です。

価格もシエンタが167万円、フィットは130万円から購入できるので、カスタムしたい場合にも資金的に余裕が持てるでしょう。クルマの楽しみ方にあわせて選ぶのも良いかもしれません。

フィットの勝利!!

まとめ:フィットの方がおすすめです!

個人的にフィットの方がおすすめです。理由はゴールドブラウンや、クリスタルブラックも魅力的で、遊び心を楽しみたい場合には青系や黄色系を選べるという点、ホイールやその他のアクセサリーを自身で選べば、他には負けないクールなデザインにも、かわいいデザインにもできる点です。クルマもオリジナルで楽しみたいので。。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ