あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

フィットVSノートを辛口比較!【燃費・排気量・外観・乗り心地】

日本車の代表的なコンパクトカーであるホンダフィットと日産ノート、
一見似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか。
主な違いが現れる3つのポイントを比較してみました。

フィットVSノート比較1.燃費

まず、コンパクトカーの特徴のひとつとして、
燃費が良好というウリがあります。

ホンダフィットにはさまざまなグレードがありますが、
基本モデルの2WDでリッター26キロ、
日産ノートの基本モデルはリッター22.6キロとなっています。

また、フィットにはハイブリッドタイプが販売されていて、
36.4キロと国内最高クラスの燃費を実現しています。

フィットの勝利!!

フィットVSノート比較2.排気量

次に、排気量ですが、フィットは1.3Lか1.5Lのエンジンを搭載、
ノートは1.2Lのエンジンを搭載しています。

しかし、ノートは1.5Lエンジン相当のパフォーマンスが期待でき、
馬力や走行性能としてはフィットと差はありません。
高速走行でも苦労することなく走行することができます。

両者引き分け!!

フィットVSノート比較3.外観、乗り心地

そして、外観は似ているのですが、全体的な大きさに少し差があります。
外観の横幅、高さは同じなのですが、全長はノートのほうが10センチほど長いです。

室内の大きさもほとんど同じかと思われがちですが、
ノートはボディの長さはもちろんのこと、室内の高さも確保されている印象があります。
しかし、室内の幅に関してはフィットのほうが少々広く、
室内に入って座った感じでは、フィットのほうが広く感じるかもしれません。

フィットの方が僅差勝利!!

まとめ:燃費ならフィット!コンパクトならノート!

最終的にどちらがいいのかという話になりますが、
実際にフィットのほうが燃費の面でまず一歩リードしていると考えるといいでしょう。
また、フィットにはハイブリッドタイプもあり、
燃費だけでなく、環境に配慮されたつくりになっています。

そして、価格面をノーマルモデルで比較すると、
フィットのほうが10万円ほど安価な設定となっており、購入しやすいというのも利点です。

ノートは価格帯もさまざまで、価格に合わせた走行性能を設定しており、
1.5Lの直噴エンジンタイプは、スポーティな走りを求めている人にはお勧めです。
コンパクトカーに求めるものが燃費であればフィット、
コンパクトでもスポーティさを求めるのであればノートがいいでしょう。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ