あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

ヴィッツVSフィット辛口比較!【人気・燃費・価格】

街中を見渡すと、いたる所コンパクトカーや軽自動車、ミニバンが多く見られる昨今の日本の自動車業界。日本の狭い道路事情や維持費の高さから、若者やヤングファミリー層、ママ用の2代目用途にはコンパクトカーが多く使われています。今回はそんなコンパクトカーの中でも最も人気の高い車種であるホンダフィットとトヨタヴィッツを比較していきます。

ヴィッツVSフィット比較1.人気

anzen人気の指数である年間販売台数(14年実績)では、フィットがヴィッツに対して圧倒的に有利です。ヴィッツは約9万台販売していて、年間ランキングでも9位に位置するもののフィットは約20万台販売しています。

この実績は年間ランキングで2位になります。フィットはコンパクトカーながら、燃料タンクをフラットにして車内空間を大きくし、快適化を追求したクルマで、2001年にデビューしました。現行は13年販売の3代目になります。

ヴィッツは1999年デビューしたクルマで販売後すぐ人気車種になり、現行は10年デビューの3代目になります。共通していえるのは、両方のクルマとも、昨今のコンパクトカーのブームを作ったモデルで、長く支持されています。

フィットの勝利!!

ヴィッツVSフィット比較2.燃費

nenpi燃費面でも、ハイブリッド仕様のモデルがあるフィットが有利になります。ヴィッツは18~25km/Lになりますが、一方のフィットの燃費は19~36.4km/Lになります。

36.4km/Lはハイブリッドエンジン搭載の燃費数値ですが、ガソリンエンジン仕様でも最大26km/Lの燃費を誇ります。

ヴィッツに関しては、近々マイナーチェンジ、もしくはフルモデルチェンジが予定されておりますので、ハイブリッドエンジンの搭載可能性は低いものの、大幅な燃費改善が期待されます。

フィットの勝利!!

ヴィッツVSフィット比較3.価格

kakaku一方で、価格面ではヴィッツが有利になります。ヴィッツの価格帯は116~199万円、一方のフィットは130~225万円の範囲になります。これは単純にハイブリッドモデルがある事、ヴィッツは1.0L仕様エンジンを持っていることが影響しております。

一方で中古車価格になりますと(carview調べ)ヴィッツは67万円、フィットは80万円になりますので、こちらもヴィッツが有利となります。

ヴィッツの勝利!!

まとめ:個人的にはフィットがおすすめです!

人気重視、燃費重視ならフィット、価格重視ならヴィッツの選択になると思います。ただ、あまりにも人気車種の為、シルバーや白など定番カラーでなく、両方のクルマとも多色展開しておりますので、ここで差別化させることも良いと思います。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ