あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

スイフトRS VS デミオ辛口比較!【乗り心地・燃費・デザイン】

suidemi

スズキスイフトRSとデミオ1.3Lを比較してみたいと思います。スイフトといえばモデルチェンジをしてもほとんど外観の変わらないある意味完成された車でデミオもそれに匹敵する車に仕上がってきたと思います。今回は、走行性能・居住性、燃費、デザインについて比較していこうと思います。

スイフトRS VS デミオ比較1.乗り心地

Printこの2台に共通していえる事は、コンパクトカーというジャンルの中で居住性ではなく走行性能に重きをおいた車であるという事。スイフトにおいてはトランクを初めて開けた時は衝撃を受けるほどの狭さです。

デミオもお世辞にも広いと言えませんがスイフトよりは広いですね。そういう意味で居住性ではなく、走行性能や車本来の出来で勝負する車だと思います。スイフトとデミオについては、運転席に座りドアを閉めた瞬間に出来の良さを感じる事ができます。

どちらも密閉間が非常に高くボディの剛性がしっかりしている事を感じる事ができます。運転好きには非常に重要な感覚かなと思います。

実際に走りだしても足回りの良さというのはすぐに感じる事ができます。両車ともコンパクトカーにしては非常にロードノイズも静かですし、段差通過時も快適です。スイフトの方が足回りは固く感じますが不快ではなく、むしろ低速から安定感があります。

デミオのやや勝利!!

スイフトRS VS デミオ比較2.燃費

nenpi燃費にかんしては、スイフトRSもエネチャージとデュアルジェットエンジンが搭載され26km/Lを超えました。デミオも25km/Lに近い数値でほぼ互角。

それぞれの走行性能を考えると、非常に優秀な数値だと思います。カタログ値では互角ですが、エネチャージとデュアルジェットエンジンの組み合わせは出足はスムーズですが低速域での加速に多少もたつき感があります。その分燃費が良くなるように思います。

デミオについては、非常に軽快に加速するエンジンですので、すぐにアクセルを踏み込みたくなる衝動がおきると思いますので、加速が気持ち良い分、燃費でスイフトに軍配があがる可能性が高くなる場合が多いです。

スイフトの勝利!!

スイフトRS VS デミオ比較3.デザイン

color最後にデザインですが、フルモデルチェンジをしてもオーナーしか違いがわからないようなデザイン変更しかないスイフトと鼓動デザインのデミオの比較となりますが、純粋に比較しますとデミオの圧勝だと思います。

見る角度によって色々な表情を見せるデミオはコンパクトカーのクラスを超えた質感を感じる事ができます。スイフトもコンパクトカーとは思えないどっしり感と逆にデザインを変更する必要性を感じない安定感を好む方も多いでしょう。インテリアの質感に関してもデミオの圧勝だと思います。

デミオの勝利!!

まとめ:デミオの方がおすすめです!

どちらも走りに力を入れたコンパクトカーの中でも同じジャンルに入る車ですが、仕上げに関しては、それぞれの個性がありかなり違う車になっていると思います。新しいデザインの分デミオの方が色々な面で有利な気もしますが、それぞれが非常に完成度の高い車に仕上がっていると思います。非常に優劣付けがたいですが、外観とインテリアのデザインという面でデミオを選択すると思います。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ