あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

クラウンセダンVSスカイライン辛口比較!【価格・デザイン・乗り心地】

sedansukai

TOYOTAのクラウンセダンと日産のスカイラインは、
デザイン面でもかなり違いがありますが、
クラウンロイヤルよりはスカイラインのほうが控えめなデザインになっており、
真面目な雰囲気を醸し出しています。

また、クラウンロイヤルは会社など組織の経営者が乗る印象が強いですが、
スカイラインは個人経営者や個人事業で
成功しているものが乗るような印象が強くなっています。

クラウンセダンVSスカイライン比較1.価格

kakakuTOYOTAのクラウンセダンは経営者が乗車する車両としては控えめな価格で、
約276万円ですが、日産のスカイラインは
最も安い車両モデルでも380万円はするものです。

モデルによっては500万円にもなり、
ハイブリッド車の350GTなどは540万円ほどにもなります。

価格の差については2倍にもなる場合もありますが、
燃費もその分スカイラインのほうが良くなっており、
スカイラインを選ぶメリットはあると言えます。

しかし、経営者があまりにも高級な車に乗っていると
僻みの対象になってしまい、外見的・社会的には良くない場合もあるので、
車両選びには注意する必要もあるという悲しい側面もあります。

両者引き分け!!

クラウンセダンVSスカイライン比較2.デザイン

colorクラウンセダンは、イラストで書かれる一般的なクルマの形状といえ、
安定感や重厚感のある車両と言えます。

真面目で堅物なイメージもありますが、
それだけ紳士で謙虚な印象を持たれるという点では
クラウンセダンにもメリットがあります。

スカイラインは、高級な車としても有名で、
デザインもかなり日本車とは異なる外車やスーパーカーに似た雰囲気を持っています。
そのため、上質さや贅沢を求める人には最適ですが、
時には高級すぎて他人に引け目を感じさせてしまうこともあります。

会社の経営者よりも、資金にも余裕があり、
社会的な束縛も少ない人物のほうが利用しやすいかもしれません。
燃費と価格から判断すれば経済的なのはクラウンセダンといえるでしょう。

クラウンセダンの勝利!!

クラウンセダンVSスカイライン比較3.乗り心地

Printクラウンセダンは主に経営者やVIP、
重役向けのタクシーとして利用されることが多いですが、
スカイラインは経営者個人で運転する場合が多いものです。

運転してもらうという点では、クラウンセダンのほうが印象がよく、
スカイラインは少し派手すぎる印象が強いです。

乗り心地についてはスカイラインが完全に勝っており、
カーブも発進、停止も快適で、走行中の揺れも非常に少なく
安定した走りを感じることができます。

スカイラインの勝利!!

まとめ:スカイラインの方がオススメですが・・・

クルマ好きにとってはスカイラインを選ぶのが
ステータスにもなり、高速道路など
長距離ドライブにも向いていると言えるでしょう。

私自身もどうせ乗るならばスカイラインのような
クルマの方が良いと思います。
しかし、ホテルや料亭に赴くときであれば、
あまり派手ではないクラウンセダンで送迎してもらえると嬉しいです。
(スカイラインはちょっと周りの目が気になります。。)

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ