あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

クラウンコンフォートVSスカライン辛口評価!【価格・デザイン・燃費・安全性】

kuraun

TOYOTAのクラウンコンフォートとNISSANのスカラインでは
デザインも利用目的も大幅に異なります。
今回は一見、全く異なる車を比較してそれぞれの魅力が発見できればと思います。

クラウンコンフォートVSスカライン比較1.価格とデザイン

kakakuクラウンコンフォートは主に一般向けのタクシーに
利用されている車両で、価格は約273万円です。

中古の車両であればさらに安く購入でき、
品質もそれほど落ちないので、
タクシー会社などでは中古車両も人気が高いようです。

安全性能にも工夫されていますが、
デザインは若者からすると少し古めかしいデザインになっています。
ごく一般的なクルマのイメージを凝縮したようなデザインで、
安定感のあるまじめな印象のあるクルマです。

NISSANのスカイラインは、そのモデルが豊富で、
ハイブリッド車も販売されています。
TOYOTAのクラウンロイヤルやアスリートに似たデザインですが、
価格は540万円以上するような高級感漂うものです。

燃費は平均して18km/l程度のものが多いですが、
デザインは秀逸でクールな雰囲気をまとっています。

公道でもスカイラインを見つけると、
つい目がいってしまうほどインパクトのある車両といえるでしょう。

どちらの車両もエコカー減税の対象となっており、
希望小売価格よりはある程度安く購入することができます。

オプションの選択やインテリアによっては
金額も上下するので販売店舗でのリサーチが重要です。

両者引き分け!!

クラウンコンフォートVSスカライン比較2.燃費

nenpi

クラウンコンフォートの燃費は9.8km/lですが、
スカイラインの燃費はそのモデルによっていくらか違いがあります。
350GT HYBRID TYPE SP、350GT HYBRID TYPE P、350GT HYBRID、
200GT-t TYPE SPなど幅広いモデルがあります。

燃費はそれぞれ、17.8km/l、17.8km/l、18.4km/l、13.0km/lで、
クラウンコンフォートよりも良い傾向です。

価格が400万円を超えるものが多くあり、
クラウンコンフォートよりも贅沢なクルマと言えます。

スカイラインの勝利!!

クラウンコンフォートVSスカライン比較3.安全性能

anzenクラウンコンフォートには、エアバッグや
胸部への負担を和らげる工夫が施されています。
特にタクシーとして利用されることが多く、
遠方への移動やスピードを出しての運転が無いため、十分な性能と言えます。

それに対して、スカイラインは個人で利用されることも多く、
高速道路での利用も非常に多く安全性が重視されます。
スカイラインは、JNCAPにおいて最高ランクの安全性を認められており、
安心してドライブを楽しむことができます。

前方・後方だけではなく、全方向に対する
安全性を高めた運転支援システムを導入しているのも、その特徴です。

前方衝突予測警報(PFCW)やエマージェンシーブレーキ、
車間維持を支援するインテリジェントペダルも採用されています。
多様な安全性能が、デザインだけではなく、
スカイラインの魅力を総合的に高めています。

お金に余裕さえあれば、こうしたスカイラインのような
クルマに乗って街中を走りたい人も多いでしょう。

スカイラインの勝利!!

まとめ:スカイラインの方がややオススメ!

価格差があるので仕方ないのですが
スカイラインの方が圧倒的に燃費や性能はうえです。
ただしクラウン・コンフォートもコストパフォーマンスを
考えると優れた車であることは間違いないです。

その点を含めても若干ではありますがスカイラインの方がオススメではあります。
あの地面に吸い付くような走っている感じはたまりませんからね。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ