あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

クラウンセダンVSクラウンアスリート辛口比較!【燃費・価格・安全性】

kuraun

TOYOTAのクラウンセダンとクラウンアスリートは、
どちらも経営者や会社役員向けの車両として知られています。

ラウンセダンはデザイン面ではクラウンアスリートに劣りますが、
経済的に利用できる貴重なクルマと言えます。

それぞれの違いを知って、最適なクルマを利用できれば、
無駄なコストの削減もできるようになるでしょう。

クラウンセダンVSクラウンアスリート比較1.燃費

nenpiクラウンセダンとクラウンアスリートの燃費は、
9.8km/lと9.6~23.2km/lとなっており、アスリートのほうが魅力的です。

総排気量もクラウンアスリートのほうが大きく、
比較するとクラウンセダンの一回り大きいのがクラウンアスリートと言えます。

クラウンセダンのエンジンは直列4気筒DOHCですが、
クラウンアスリートはV型6気筒DOHCエンジンを採用しています。

燃費はクルマの性能評価に多く利用されますが、
この数値が大きい方が少ない燃料で長く走行できるということです。
環境にも優しく、燃油代としてもコストダウンできるので
家計やコストカットにも貢献してくれます。

クラウンアスリートの勝利!!

クラウンセダンVSクラウンアスリート比較2.価格とデザイン

kakakuクラウンセダンとクラウンアスリートは、
約277万円と約367万円と100万円ほどの価格差があります。
デザインはアスリートのほうがクールでかっこよいイメージが強いです。

クラウンセダンは格調高いまじめな印象のデザインで、
業種によってはアスリートは適さない場合もあるでしょう。

経営者や会社役員が利用する車両としてはクラウンアスリートの方が利用価値が高そうです。
高級ホテルへの送迎や経営者の移動には
クラウンアスリートの方がデザイン面でも適していると言えます。

しかし、和風の旅館などへの送迎にはクラウンセダンや
クラウンアスリートの黒いカラーモデルが適しています。
送迎先や利用目的、利用者のことも考えながら選ぶと、より利用価値が高まるでしょう。

クラウンアスリートの勝利!!

クラウンセダンVSクラウンアスリート3.安全性

anzenクラウンアスリートには、アダプティブハイビームシステム(AHS)や
インテリジェントAFSが備わっています。

これらは対向車や先行車にとってハイビームが眩しくならないシステムで、
事故を未然に防ぐ目的があります。

カーブの際にも明かりを照らす向きを自動で変えてくれるので、
相手からも認識されやすく、自身でも視野が広がります。

クラウンセダンには、衝突安全ボディGOAやSRSエアバッグが標準搭載されています。
タクシーとして利用されることも多いため、
最低限の安全が確保されており、乗客の安全も考慮されています。

両者引き分け!!

まとめ:個人的にはクラウンアスリートの方がオススメ!

個人的にはやはりかっこいいクルマに乗りたいので、
購入するならば総合的に見てクラウンアスリートがオススメです。

ただし、両車種とも素晴らしい車なのであくまでも
独断と偏見で選んでいる事はご了承下さい。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ