あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

クラウンセダンVSクラウンロイヤル辛口比較!【デザイン・燃費・価格】

sedanroiyaru

TOYOTAのクラウンセダンとクラウンロイヤルでは
上質さで言えばクラウンロイヤルのほうがかなり魅力的と言えますが、
遊び心が感じられてしまうという点で言えば、
クラウンセダンのほうが真面目でしっかりした印象のある車両です。

双方の良さを把握して選べるとよいでしょう。

クラウンセダンVSクラウンロイヤル比較1.デザイン

colorクラウンセダンは白や黒のカラーバリエーションがあり、
かなり堅物なイメージのある車両です。

銀行の経営者や議員など真面目な職業についている人や士業に関して
高い技術を有しているような人が乗るイメージが強い車両です。

それに対してクラウンロイヤルは、
クラウンアスリートにも似たようなデザインで、
外資系の会社の経営者やインターネットやIT関連の会社の経営者が
利用するようなデザインです。

若者にも人気が出やすいような車両で、
経営者自身でも安全に乗り回しやすいものになっています。

両者引き分け!!

クラウンセダンVSクラウンロイヤル比較2.燃費と価格

nenpiクラウンセダンは9.8km/lの燃費に対して
276万円と一般的な価格ですが、クラウンロイヤルは10.2~23.2km/lの燃費に対して
363万円という大幅な値段アップがあります。

燃費はクラウンロイヤルのほうがよく、エンジンや安全性、
乗り心地もクラウンロイヤルが優っていると言えます。

どちらもハイブリッドで環境にやさしい車両と言えますが、
乗車人数が多ければクラウンロイヤルでも燃費が落ちてしまうので、
それほど燃費には差がないとも言えます。

両者とも経営者向けのタクシーや移送手段として
利用されるような贅沢で高級感あふれるものとなっています。

両者引き分け!!

クラウンセダンVSクラウンロイヤル比較3.インテリア

Printクラウンセダンは外見は少しデザイン性にかけて見えますが、
内装については細かいところまで工夫が凝らされています。
木目を用いたパワーウィンドウスイッチカバーや椅子の座り心地なども工夫されています。

また、オプション、カスタムによって
さらに快適なインテリアにすることができるので、
それぞれに自由にデザインを変えることもできるという魅力があります。

クラウンロイヤルについても内装がしっかりと工夫されており、
贅沢で高級感があるようなデザインが全体に散りばめられています。

後部のトランクに入る容量も意外と多く、
旅行かばんなども入れることができるでしょう。
運転席も後部座席にも快適さが追求されているので
VIPを乗車させるときでも利用できる車両と言えます。

両者引き分け!!

まとめ:難しいところですが・・・

両者素晴らしい車種なのでどちらかに軍配というのは
なかなか難しいところはあるのですが。

私ならば仕事ではクラウンセダンを利用し、
プライベートではクラウンロイヤルを利用して
ドライブを楽しみたいですね。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ