あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

クラウンマジェスタVSアスリート辛口比較!【燃費・デザイン・安全性能】

majeasu

TOYOTAの代表的な車両とも言えるクラウンマジェスタと
クラウンアスリートはそのデザインが非常に似ていますが、
性能や燃費面での違いはどの程度あるのでしょうか。

個人的にも好きなモデルなので、じっくりと比較していこうと思います。

クラウンマジェスタVSアスリート比較1.燃費と価格

nenpiクラウンマジェスタとクラウンアスリートの燃費は、
それぞれ18.2~19.0km/l、9.6~23.2km/lで基本性能面から
クラウンマジェスタの方が燃費が良いと言えます。

クラウンマジェスタ、クラウンアスリートのエンジンは、
総排気量3.456Lの2GR-FXEと、総排気量3.456Lの2GR-FSEで、
どちらもV型6気筒DOHCエンジンを使用しています。

車両総重量は2105kbと1925kgでクラウンマジェスタのほうが
総重量は重くなっています。
クラウンマジェスタは重量があることからもわかりますが、
安定感があり、静寂性も非常に高いです。

もちろんクラウンアスリートも魅力的ですが、
価格面では、627万円と367万円なので、
クラウンマジェスタの方が価格面からも良いことがわかります。

どちらもエコを重視した車両で、
より高いグレードを求める人にはクラウンマジェスタは欠かせないクルマです。

クラウンマジェスタの勝利!!

クラウンマジェスタVSアスリート比較2.デザイン、インテリア

color外見的なデザインはクラウンマジェスタもクラウンアスリートも
ほとんど変わらないように見えますが、
若干ボディの大きさやロゴ等に違いがあります。

どちらも王冠のロゴがクルマの頭部にあり、
ナンバーの上辺りに付けられているのが印象的です。
見た目では、クラウンアスリートの方が、
デザインがクールで個人経営者などが乗るような車両として向いているように思えます。

クラウンマジェスタはアスリートほどデザインに遊び心がないので、
ビジネスでも活用することができるでしょう。

インテリアはどちらも高級感が漂う内装になっており、
後部座席でも快適に過ごすことができます。

シートの素材も本革や合成繊維を選ぶことができるので、
好みやビジネス用途に合わせて更に快適に使用することができます。

個人的には黒の本革を使用したシートがデザインとマッチすると思っていますが、
マジェスタには白の本革素材もあるので、車内を明るくしたい場合にはこちらもオススメです。

両車種引き分け!!

クラウンマジェスタVSアスリート比較3.安全性能

anzenクラウンマジェスタは、走行における安全性や視認性を高める工夫が多く、
ブラインドスポットモニターのように、
視界に入ってしまう車両があることを知らせるような機能もあります。

クラウンアスリートは、前方車両や対向車に対して
ライトのまぶしさを軽減するようなアダプティブハイビームシステムや
インテリジェントAFSなどを導入しており、
対向車にとって見つけやすいシステムを導入しているようです。

クラウンマジェスタもクラウンアスリートも最上級の安全性能を有しています。

両車種引き分け!!

まとめ:どちらの車種も甲乙つけがたい!

私としてはどちらも試乗はした事あるのですが、
いずれも甲乙つけがたい素晴らしい車種です。
当ページの数値を比べて好きなデザインの方を選択して頂くのが
一番ベストな選択になると思われます。

(個人的にはクラウンマジェスタが大好きです。)

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ