あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

サクシードバンVSヴィッツ辛口比較!【燃費・安全性・デザイン】

sakuvi

TOYOTAのクルマには普段のビジネスシーンや家庭でも利用できるようなお手頃価格の車両も多くあります。サクシードバンやヴィッツは、その中でも有名です。今回はそれぞれの燃費や安全性を比較していきます。

サクシードバンVSヴィッツ比較1.燃費と価格

nenpiサクシードバンとヴィッツの燃費は、15.8~18.2km/l、17.2~25.0km/lとなっており、どちらもセダンに比べると非常にお得な燃費になっています。

価格もそれぞれ約144万円、約116万円で、ヴィッツのほうが安くて燃費も良い印象です。実際に乗車する人数も少ないので、燃費に関してはアイドリングが長すぎない限り、基本性能に沿った走りが期待できるでしょう。

サクシードもヴィッツも車内に比較的物を置くスペースがあるので会社員向けの仕事用の車両としても活用でき、過程で利用するクルマにも便利です。カラーバリエーションも豊富なので、会社のカラーに合わせて選ぶこともできるでしょう。

ヴィッツの勝利!!

サクシードバンVSヴィッツ比較2.安全性

anzenサクシードもヴィッツも車両安定のためのシステムとしてVSC&TRC機能が搭載されており、横滑りや後輪滑りが発生した時でもシステム上で安定した走行を行ってくれます。

雨や雪道でのトラブルが合ってもしっかりと乗客を守ってくれるでしょう。ブレーキアシスト機能もついており、急なブレーキでもタイヤロックを防いだり、ブレーキの強さを調整してくれたりします。

また、緊急ブレーキシグナルで後続車に危険を知らせることもでき、坂道阪神のアシスト機能も魅力的です。走行時に発生する危険を大幅に軽減できるのが何よりも魅力と言えます。子どもが乗車していても比較的安心して走行できるでしょう。

両車種引き分け!!

サクシードバンVSヴィッツ比較3.デザイン

colorサクシードはヴィッツに比べてごつごつしたイメージがあり、男性や事務所で使用するような車に最適です。紫色のサクシードはどこか高級感も漂い、見た目にはかなり安定したクルマに見えます。

ヴィッツは多彩なボディカラーを選択でき、黄色、水色、ピンク色もあります。個人の好きな色に合わせて選べる上、ベージュやグレーはシンプルカーとしてビジネス利用もできるでしょう。小柄なボディなので駐車場などに停めるときにも非常に便利でしょう。

フロント部分は両者ともクールな印象ですが、ヴィッツのほうが先が尖ったような印象で、サクシードはカクカクしたデザインです。

両車種引き分け!!

まとめ:ヴィッツの方がおすすめです!

個人的には、ヴィッツの方が風を切って走ってくれそうで好きです。また価格についても安く燃費も良いので、子どもがいるような方は絶対にヴィッツがおすすめです。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ