あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

サクシードバンVSカローラフィールダー辛口比較!【燃費・価格・安全性】

sakukaro

TOYOTAのサクシードバンとカローラフィールダーは、外見的なデザインが多少似ており、カクカクした特徴的なサクシードのデザインはカローラフィールダーとも似ている部分が多く、比較の対象になることも多いものです。

サクシードバンVSカローラフィールダー比較1.燃費

nenpiサクシードバンとカローラフィールダーの燃費は、15,8~18.2km/l、16.0~33.0km/lで、どちらかと言うとカローラフィールダーのほうが良い燃費です。路面の状態や安定した走行の距離でも変わってきますが、基本的にカローラフィールダーのほうが期待が持てます。

どちらの車両も直列4気筒DOHCエンジンで総排気量は同じく1.496Lであり、大きな違いはないと言えます。車両の総重量では、サクシードは、1615kg、カローラフィールダーは1455kgで多少軽い印象です。しかし、その差はバイク1台分にも相当するので軽い車両のほうがより燃費を維持しやすくなるでしょう。

どちらの車両も燃費を良くするために変速機を自動化しており、パワーステアリングなども燃費向上に役立っています。モデルも多く、それぞれに違いはありますが、総合して快適な燃費でドライブが出来るのが両車の魅力です。

カローラフィールダーの勝利!!

サクシードバンVSカローラフィールダー比較2.価格

kakaku価格については、サクシードとカローラフィールダーでは、約144万円、約158万円でカローラフィールダーのほうが若干価格が高いです。しかし、カローラフィールダーは燃費が良いので、価格が高くてもその分、期待してドライブが楽しめるでしょう。

サクシードは、運転席周辺の利便性が高く、持ち物やドリンクなどを起きやすいのが特徴です。その代わり、助手席や後部座席の座り心地は十分ではないですが、ビジネス面での利用には最適と言えます。

一方で、カローラフィールダーはフロントガラスが広々としており、比較的快適な走りが実現できます。視野が広いので安全性も向上し、運転に慣れていない場合でも走行できるでしょう。明るい車内になるため、快適さはアップしますが、雨の時には視野が逆に狭まってしまいます。撥水コートなどを施すようにし、多少個人での工夫も必要です。

両車種引き分け!!

サクシードバンVSカローラフィールダー比較3.安全性とデザイン

anzenサクシードにはVSC&TRCやブレーキアシストがついており、横滑りの際の安全性確保や後輪滑りの際の安全性確保もできるようになっています。東北地方など、雪道で走行することが多い場合にはスタッドレスタイヤと一緒に利用すると安心です。

また、急ブレーキによるタイヤロックを防ぐ機能もあれば、安全にブレーキを踏める機能もあるので安全性は十分期待できます。

カローラフィールダーは、ハイビームの調整を自動調節するオートマチックハイビームや夜間の視界を確保するディスチャージヘッドランプがあります。視認性がアップされているので、運転における安全性はより向上されています。

細かな点では、ライトの自動点灯・消灯システムがついています。個人的には、この自動点灯システムが魅力的で、運転時のライトのつけ忘れなど、ケアレスミスでの事故を防ぐことにつなげられるでしょう。

カローラフィールダーの勝利!!

まとめ:カローラフィールダーの方がおすすめです!

価格ではサクシードのほうが良いですが、機能面やデザインではカローラフィールダーが優っていると思います。価格差があるとは言っても少額なので長期的な利用を考えればカローラフィールダーが圧倒的にお得です。他の車両やモデルとも比較して自分にあった一台を見つけたいですね。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ