あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

タウンエーストラックVSハイエースバン辛口比較!【燃費・価格・積載量】

taun

仕事で使われることの多いクルマとして有名なタウンエースとハイエースは、同じTOYOTAのラインナップですが、荷物を運ぶという点では共有していますが、外見的には大きな差があります。今回は、その違いを比較してみましょう。

タウンエーストラックVSハイエースバン比較1.燃費

nenpiタウンエースとハイエースバンの燃費は、11.6~12.8km/lと8.9~14.0km/lで、安定して低燃費なのはタウンエースです。ハイエースバンはガソリンやディーゼルなど車種やモデルで燃費が変動する上、大人数を乗せた場合にはかなり燃費が悪化します。

そのため、乗車人数が2名で利用できるタウンエースはかなり効果的に利用でき、目的に合わせて低燃費で利用できます。タウンエースも荷物を大量に載せれば燃費が低下しますが、仕事などで必要な資材や商品であれば、それによる燃費の低下は仕方ないでしょう。

タウンエースの勝利!!

タウンエーストラックVSハイエースバン比較2.価格

kakakuタウンエースとハイエースバンの価格は、142万円と199万円で、タウンエースの方が価格は安いです。何を運ぶかによって選ぶモデルが変わりますが、主に資材や商品、モノを運ぶ場合にはタウンエース、人や精密機械などを運ぶ場合にはハイエースバンを選ぶのが一般的です。

タウンエースは風雨にさらされてしまうので、できるだけ濡れても問題がないものを運ぶ目的にのみ使ったほうが良いです。

その点、天候に左右されずにオールマイティに利用できるのはハイエースバンで、やはり目的や用途で選ぶほうが良いかもしれません。事業用で用いるものとしては両者の価格差は大きくて50万円程度なので、それほど問題になるような値ではないでしょう。

タウンエースの勝利!!

タウンエーストラックVSハイエースバン比較3.積載量

Printタウンエースとハイエースの積載可能量は、タウンエースが750~800kgで、ハイエースは平均1000kgです。

人であれば9名、10名乗車させることもできますが、中型免許ではなく、普通免許で運転でき、十分な積載量と言えます。利用もしやすく、車内も広々としているので上手に使えばより効率的に業務を進められるでしょう。

ハイエースバンは、タウンエースとは異なり、ある程度大きさが収まればどんどん積み込める上、はみ出さない大きさであればしっかりと車内で守りながら運ぶこともできます。座席などを倒したり、場合によっては外すことで更に多くのモノを運べるので事業向けには特に最適です。

ハイエースバンの勝利!!

まとめ:ハイエースバンの方がややおすすめです

個人的に利用するとしたら、やはり大量に載せられるハイエースバンですが、価格面では若干負担があるので、それほど大きなものを運ばない場合はタウンエースもよいでしょう。また、寒い地域で乗車する場合には、ハイエースはエアコンで車内が暖まりにくいので、乗車人数が少なくてもタウンエースの方が燃費面も良いかもしれません。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ