あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

タウンエースVSライトエーストラック辛口比較!【燃費・価格・積載量】

raitotaun

タウンエーストラックとライトエースバントラックは、仕事で活躍するTOYOTAのクルマとして人気が大きく、比較されることも多いです。両者の違いを理解してビジネスにぴったりなクルマを利用しましょう。

タウンエーストラックVSライトエーストラック比較1.燃費

nenpi11.6~12.8km/lと同じ燃費です。しかし、積載量ではタウンエースは750kg~800kg、ライトエースは700kg~750kgとタウンエースの方が多く積むことができます。

全長もタウンエースが4275mm、ライトエースバンが4045mmでタウンエースの方が、大柄な印象が強いです。それでも、タウンエースは一般的に軽トラックと言われるもので、見た目よりも小柄に見えますが、ライトエースはバンになっているので、若干大きいボディに見えるのが特徴です。

両者ともに水冷直列4気筒エンジンを搭載しており、エンジンの最高出力や最大トルクは同じなので、力強さはどちらも同じと言えます。

両車種引き分け!!

タウンエーストラックVSライトエーストラック比較2.価格

kakakuタウンエースとライトエースバントラックの価格は、142万円と156万円と若干タウンエースの方が安いです。

タウンエースは積載量も大きく、ビジネス面でも利用しやすいといえるでしょう。特に、濡れても問題ないものを運ぶ場合にはタウンエースでも十分活躍するでしょう。それに対し、ライトエースバンは、雨でも荷物を運ぶことができるので、目的によっては多少お金をかけてライトエースバンを選んでもよいでしょう。

ライトエースバントラックは、乗車定員が2~5名と多く、タウンエースの2名よりは人を運ぶことも出来る車両です。商品や荷物だけではなく、人を乗せる場合にはライトエースバンも魅力はあります。

タウンエーストラックの勝利!!

タウンエーストラックVSライトエーストラック比較3.積載量

anzenタウンエースとライトエースバンの積載量は最大800kg、最大750kgでタウンエースの方が多くのせられます。タウンエースは、荷台長2430mm、アオリ高360mm、荷台幅1585mm、荷台フロア2480mmとゆったりとしたスペースが有るのが特徴です。

大きさにとらわれずに荷物を運ぶことができるでしょう。それに対して、ライトエースバンは積みこむスペースがせまく、荷室高1300mm、荷室幅1495mm、荷室フロア長は1390~1760mmとなっており、タウンエースより若干スペースが狭いとはいえ、荷室の高さが高い点はかなり魅力的です。

タウンエーストラックの勝利!!

まとめ:ライトエースバンの方がおすすめです!

個人的には軽トラックは見た目があまり好きではないのと、荷物が冷えてしまっては困る場合、または、逆に荷物をしっかりと冷やさないといけない場合でも対応できるライトエースバンの方がおすすめです。積み荷は積み重ねればタウンエースと同じくらいの容積は確保できるので、工夫次第で便利に利用できるでしょう。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ