あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

サクシードバンVSハイエースバン辛口比較!【燃費・価格・乗り心地】

sakuhai

TOYOTAの人気バンでもあるサクシードとハイエースは主にビジネスで利用されることが多い2車種です。これらの燃費や価格を比較して、どちらが魅力的なのか明らかにしていきましょう。

サクシードバンVSハイエースバン比較1.燃費

nenpiサクシードとハイエースの燃費は、それぞれ15.8~18.2km/l、9.1~11.4km/lです。ハイエースのほうが燃費が落ちますが、収容人数で言えば、ハイエースが抜群に良いです。

特に、乗車定員が最大9名なので、人を運ぶ際にも使えて、荷物や機材を大量に運ぶ際にも便利に使えます。サクシードは燃費は良いですが、載せられる荷物の料はハイエースよりも少ないので、若干不足感があります。

工事現場の人員を運ぶ場合や、大量の機材を運ぶような場合にはハイエースが魅力的です。また、TV局の配線コードやカメラを運搬するのに使われることもあるので、ビジネスで活用するには実績からもオススメできます。

ハイエースバンの勝利!!

サクシードバンVSハイエースバン比較2.価格

kakakuサクシードとハイエースは、約148万円と約200万円で、ハイエースは収容人数も多い割に価格も安く、ビジネスで利用するには最適です。

近年、社会的に環境対応やISO取得が進められますが、そうした際には出勤時のCO2削減のために、カーシェアリングをする場合もあるでしょう。一台の車で社員の出勤と退勤を管理でき、時間的にも効率化できるのでハイエースはその利用に最適です。

収容人数が9名と多いので、事務所や中小企業のオフィスでも活用することができるはずです。カラーバリエーションも豊富で、比較的黒や青も人気が高いですが、中古車では白が多く出回っています。シンプルなカラーに会社のロゴを刻印するなど工夫すれば、カーシェアリングとともに会社の宣伝をすることもでき、非常に効率的です。

ハイエースの勝利!!

サクシードバンVSハイエースバン比較3.乗り心地

Printサクシードは燃費もよく、収容人数も少ないので、ただビジネス向けの利用するだけであればオススメです。特に、専門の書類や持ち歩く機材が一人に対して多くなるような営業の仕事をする場合にはサクシードはオススメです。

デザイン面もそれほど悪くないので、会社から個人に支給するビジネス用の車両としては特にぴったりでしょう。新車でも価格が148万円で中古ならば60万円程度で程よい車両が手に入ることもあります。会社の規模やビジネス規模に応じて選ぶとコストを削減することができるでしょう。

サクシードの勝利!!

まとめ:サクシードの方がおすすめです!

個人的に運転して好きだったのはサクシードです。ハイエースはマニュアル車である事もあり、不安がついて回ります。AT車もありますが、大人数を乗せる分、少し運転での責任感も多くなるので、自分一人で気軽に乗れそうなサクシードのほうがおすすめです。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ