あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

シエンタVSヴォクシー辛口比較!【価格・デザイン・燃費】

shievo

TOYOTAのシエンタやヴォクシーは5名ではなく、7名乗車できるワゴンタイプの車両で、意外と家族に人気がある車です。価格もよく、デザインもクールなので男性に好まれる特徴もあります。今回はこのシエンタとヴォクシーを比較していきます。

シエンタVSヴォクシー比較1.価格

kakakuシエンタとヴォクシーの価格は、167万円と224万円で、シエンタの方がお手軽な価格です。また、デザインに関してもかわいらしいのはシエンタで、カラーバリエーションから判断してもシエンタはどちらかと言うと女性向きです。

それに対して、ヴォクシーは黒色や藍色、グレーのカラーで、男向けの印象が強い車です。女性が乗っていてもクールですが、女性が家族と一緒に乗るならばシエンタのほうがおしゃれでお出かけも楽しくなるでしょう。

シエンタの勝利!!

シエンタVSヴォクシー比較2.デザイン

colorヴォクシーはウェブサイトでも、男を宣伝のキャッチコピーにするほど男性向けのクルマですが、もちろん女性が乗っても魅力的です。

シエンタよりもゴツゴツした印象があり、排気量から見てもシエンタとヴォクシーは、1.5Lと、1.8L/2.0Lとヴォクシーのほうが一回り大きな印象があります。男性が乗るだけではなく、家族で運転するクルマとして最適で、大人のオトコが一人で乗るにはデザインが少しかわいすぎるという点もヴォクシーにはあります。

父と子が一緒になって乗っていると様になるクルマで、どちらにしても家族向けの車と言えます。シエンタもヴォクシーも7人乗りの車なので、子どもの人数が多い場合には特に便利です。またアウトドアを楽しむことが多い人にもシエンタ、ヴォクシーは最適です。

ヴォクシーの勝利!!

シエンタVSヴォクシー比較3.燃費

nenpiシエンタとヴォクシーの燃費は、17.2km/l、14.0~23.8km/lでヴォクシーの方が心なしか燃費が良いです。

遠くまで出かける際には、高速道路などで安定走行ができ、その場合に燃費が向上します。シエンタも燃費は十分よりですが、乗車人数が多いと燃費が下がってしまうので、荷物の量や乗車人数でも選ぶとよいでしょう。

ヴォクシーの勝利!!

まとめ:シエンタの方がおすすめです!

個人的にはシエンタはライトが丸みを帯びていて、かわいらしいだけではなく、対向車からの視認性も良いので安全性についてはシエンタのほうが期待できそうでおすすめです。また、ヴォクシーは車高が低いので、アウトドアの場所によっては底を擦って傷がついてしまう可能性もあります。かっこつけてアウトドアも楽しみたい場合にはヴォクシーもおすすめです。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ