あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

シエンタVSワゴンR辛口比較!【価格・燃費・デザイン】

shiewago

広々と乗れるクルマは運転手にとっても乗客にとっても快適です。シエンタもワゴンRも車内で使える空間が広いので、家族での利用やゆったりドライブをしたい人にはオススメのクルマです。今回は、そんなシエンタとワゴンRを比較していきます。

シエンタVSワゴンR比較1.価格

kakaku家族で大勢で利用できるシエンタとワゴンRの価格は、167万円と107万円でワゴンRの方が価格が良いです。

シエンタは7人乗りのモデルですが、ワゴンRは軽自動車なので4人までしか乗れません。価格も非常にお手頃で、中古車ならばさらに安く購入できるでしょう。車内は小さいながらも両車ともに広々としていて、運転しやすさもワゴンRは負けていません。

大人数で乗るわけではないので、小回りも効き、街中で乗る場合には特にワゴンRが最適です。駐車場で、軽自動車のスペースが使えるのも大切なポイントの一つで、女性や家族向けにぴったりと言えます。また、まだ車の運転に慣れていない若い女性にも最適で、操作性の良さが何よりも優先できるでしょう。

ワゴンRの勝利!!

シエンタVSワゴンR比較2.燃費

nenpiシエンタとワゴンRの燃費は、17.2km/lと32.4km/lでシエンタに比べるとワゴンRの方が、軽自動車ということもあり、非常にお得です。

シエンタの約2倍にもなるワゴンRの燃費は市街地では特に家計に優しく、環境にも優しい車両と言えます。S-エネチャージ搭載でさらに環境に優しく、デザインにも工夫されています。ワゴンRのエンジン部分には、ISG・モーター機能付き発電機やリチウムイオンバッテリーも搭載されているので、ガソリンエンジンだけではなく、快適に走行できるような工夫が込められています。

余計なアイドリングを減らしつつも燃費が悪化しないように工夫されているので走行における静寂性も実現しています。また、揺れも少なく済むので、車内の振動も減らせて、車酔いなども減らすことができるでしょう。エネルギーフローインジケーターがついているのもワゴンRが人気な理由で、環境にやさしい走りができているかどうかもひと目で分かるメリットがあります。

ワゴンRの勝利!!

シエンタVSワゴンR比較3.デザイン

color燃費や価格ならばワゴンRの方が良いですが、シエンタに比べるとワゴンRはデザインが若干個性に欠けます。

どこにでもあるような軽自動車のデザインなので、人によってはあまり好みではないこともありますが、家族で市街地周辺のみで利用する場合にはワゴンRも良いかもしれません。しかし、デザイン面で個性を出したい場合には、シエンタを選ぶとよいでしょう。

シエンタの勝利!!

シエンタの方がおすすめです!

個人的には乗車定員も多いシエンタの方が利用目的も幅広くでき、アウトドアでも市街地でも利用できそうで好きです。環境面を考えるならば、シエンタよりもワゴンRの方が良いかもしれませんが、個人的にはあまりクルマを平日には利用しないのでシエンタで十分だと思います。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ