あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

タウンエースバンVSエブリィ辛口比較!【価格・燃費・安全性】

taunevu

Toyotaのタウンエースバンとスズキのエブリィはどちらも荷物をたくさん運べる車として人気ですが、どちらが現場で活躍してくれるのでしょうか。今回、両者の価格や燃費から比較してみました。

タウンエースバンVSエブリィ比較1.価格

kakakuタウンエースバンとエブリィでは、156万円と92万円でやはりエブリィの方が安く購入できます。利用できるコストが決まっている場合には特にエブリィのほうが低コストで運用できるでしょう。

特にSUZUKIのエブリィは個人事業主にも利用されており、その利用されている範囲は非常に広いです。また、タウンエースはどちらかと言うと中小企業に導入されることが多く、トヨタの安全性を期待している場合が多いようです。

エブリィの勝利!!

タウンエースバンVSエブリィ比較2.燃費

nenpiタウンエースバンとエブリィでは、11.6km/l~12.8km/l、20.2km/lでエブリィのほうが約2倍も燃費が良い計算です。

重い荷物を載せたり、寒冷地では両者ともに燃費は落ちてしまいますが、それでもエブリィの方が確実に低燃費なのでトータルコストもエブリィの方がお得になるでしょう。働く車において、燃費はやはり重要です。

エブリィの勝利!!

タウンエースバンVSエブリィ比較3.安全性

anzen安全性ではやはりトヨタに軍配が上がります。エブリィには、衝突安全レーダーブレーキが付いているので事前に衝突の危険を回避できますが、社内の搭乗者や荷物の安全性についてはトヨタの方が魅力的です。

エアバッグやシートベルトにも安全性を高める工夫があるので、十分安心して仕事ができます。特に企業などでは社員の安全が最も重視されるので、衝突回避よりも他の車輌から起こされる事故に対しても十分安全性が高いことが重要です。

エブリィは事前に衝突を回避できるので、個人事業主や高齢者の農家などでも安心して利用できるでしょう。事故を起こしてしまうとその分時間もコストも余計にかかってしまうので予防安全が特に重視されます。

タウンエースバンの勝利!!

まとめ:エブリィの方がおすすめです!

価格と燃費から、エブリィの方が魅力的だとわかりました。やはり、仕事で使う車ならば安全性ももちろん重要ですが、主に市街地で使用する車なので、衝突においてもそれほど大きな問題は起こらないでしょう。

価格が安ければ導入もしやすく、燃費でもコストカットできればビジネスも軌道に乗せやすくなるでしょう。個人的には外観もエブリィの方がかわいらしく、仕事の相棒にピッタリだと思います。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ