あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

タウンエースバンVSハイエース辛口比較!【価格・積載量・燃費】

taunhai

ともにトヨタから販売されているタウンエースバンとハイエースは、仕事で使われることの多い車両で、トヨタの信頼の安全性もあります。仕事の業種によっても使い分けされますが、どんな仕事に合っているのか判断しながら選べれば大幅なコストカットも可能になるでしょう。

タウンエースバンVSハイエース比較1.価格

kakakuタウンエースバンは156万円、ハイエースは199万円で、価格面ではタウンエースの方が安くてお手軽に購入できるでしょう。

しかし、ハイエースと比べると積載量や使用する業種も異なるので、価格で言えばどちらも十分安い車両です。安いですが、仕事においては十分活用できるのでコストパフォーマンスはどちらも魅力的です。安さだけで選ぶならタウンエースバンでしょう。

タウンエースバンの勝利!!

タウンエースバンVSハイエース比較2.積載量

anzenタウンエースバンは700kg~750kg、ハイエースは1000kg~1250kgの積載量なので、約1.5倍ハイエースの方が積載量が多いです。

たくさん積むというほど多いわけではないですが、バンとしてはハイエースは非常に魅力的です。やはり仕事で使う分、積み込めるスペースの容積や積載量は非常に重要です。タウンエースバンは総排気量1.5L、ハイエースは2.0Lですが、性能が総合的に良さそうなのはハイエースでしょう。

ハイエースの勝利!!

タウンエースバンVSハイエース比較3.燃費

nenpi燃費において、タウンエースバンは11.6~12.8km/l、ハイエースは9.1~14.0km/lとなっています。

ハイエースの平均燃費は約11.5km/lですが、タウンエースよりも大きく、たくさんの荷物が積める上、乗車人数も最大9名なのでやはりハイエースの方が魅力的です。燃費だけではなく、車両の大きさや乗車人数も踏まえて考えるとハイエースの方が効果的に利用できそうです。

ハイエースの勝利!!

まとめ:ハイエースが圧倒的におすすめです!

仕事で使うならばやはり大容量の用途も多彩なハイエースでしょう。

タウンエースバンも良いかもしれませんが、ものを大量に運びたい場合には容量に不足感があります。ハイエースならば、大は小を兼ねるという通り、どんな業種にも対応できるはずです。また、デザインもタウンエースはしゃくれたようなデザインでかわいくないですが、ハイエースは男らしいデザインで仕事にも生かしやすいため、おすすめです。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ