あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

クラウンコンフォートVSクラウンアスリート辛口比較!【燃費・価格・安全性】

TOYOTAの車の中でも安定した人気がある
クラウンコンフォートとクラウンアスリートは
公用車やタクシー車に似ているデザインで、
それぞれに多くの現場で活躍しています。

燃費もよく、乗車人数も5人と一般軽自動車の
4名よりも1名多いので家族で利用する場合でもお得です。

クラウンコンフォートVSクラウンアスリート比較1.燃費

社長や経営者を乗せるような車として知られている
TOYOTAのクラウンコンフォートやクラウンアスリートは、
その燃費も十分考慮されています。

クラウンコンフォートは9.8km/lで、
クラウンアスリートは9.6~23.2km/lとなっています。
燃費の面ではアスリートの方が魅力的です。

路面や環境によっても変わりますが、燃費面で良い方を
選びたい場合にはクラウンアスリートがよいでしょう。

クラウンアスリートの勝利!!

クラウンコンフォートVSクラウンアスリート比較2.価格

TOYOTAのクラウンコンフォートの価格は約230万円から270万円で
車内のコンフォートデザイン等で価格が変動します。

また、クラウンアスリートは、約367万円で
クラウンコンフォートよりも価格が大幅にアップしています。

その分、アスリートのデザインや性能はよく、燃費も良いのが魅力的です。

総排気量は、クラウンコンフォート、クラウンアスリートで、
順に約2.0Lと約2.5L/3.5Lとなっています。
比較するとクラウンアスリートの方がスペックが良いという印象を受けます。

クラウンアスリートの勝利!!

クラウンコンフォートVSクラウンアスリート比較3.安全性

TOYOTAの車両ということもあり、安全性は非常に高いです。
クラウンコンフォートについては、運転席SRSエアバッグ、
衝突安全ボディGOA、ワンタッチでのチャイルドシートの
着脱可能などさまざまなセーフティが備わっています。

衝突時の乗員の胸にかかる負担を軽減する
フォースリミッター機構を導入しており、安心感が増しています。
クラウンアスリートにもコンフォートよりも多くのセーフティが備わっています。

AHSというハイビームで対向車や先行車の視界を悪くしない工夫や
カーブの時の視野を広げてくれるインテリジェントAFSというランプ、
アクセルの踏み間違いで起こる衝突を防ぐ
インテリジェントクリアランスソナーなども備わっています。

他にも走行における安全性を高めた機構が多数搭載されており、
事故が起きた時の安全性も高いですが、
事故を起こさないようにする機構が多く導入されています。

クラウンアスリートの勝利!!

まとめ:クラウンアスリートの方がオススメです!

総合的にはクラウンアスリートのほうが
安全で快適な走行を実現できるでしょう。
価格的にはコンフォートも捨てがたいですが、
個人的にはデザイン面のクールさも考慮してクラウンアスリートをおすすめします。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ