あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

ハイエースバンVSコミューター辛口比較!【乗り心地・燃費・価格】

haiban

ハイエースは、ハイエースバンとハイエースコミューター、ハイエースワゴンと3つに分かれており、乗車定員や価格に違いがあります。ビジネスに導入する場合には、どれが最適なのかしっかり区別しておきましょう。

ハイエースバンVSハイエースコミューター比較1.乗り心地、乗車人数

Printハイエースシリーズの中で最も乗車人数が多いのは、ハイエースコミューターです。それでも9名~10名の乗車が可能で、工事現場への人員輸送や荷物や設備を運ぶような場合にはコミューターがよいでしょう。

コミューターを普通免許で運転するには14人乗りの状態ではダメなので、10名までしか乗れないように座席を減らし、積載量が増やせるようにするとさらに多くの荷物と人を運べるようになります。工夫次第でビジネスでも大活躍するでしょう。地域によっては保育園バスとして利用されていることもあります。

ハイエースコミューターの勝利!!

ハイエースバンVSハイエースコミューター比較2.価格

kakakuハイエースバンは199万円、ハイエースワゴンは267万円、ハイエースコミューターは300万円と大きさやパワーにしたがって価格も上昇しています。

中でも価格が最もお得なのはハイエースバンで、この中では安いですが積載量は1000kg~1250kgと大きいため、十分仕事で使えます。コストを少しでも下げて利用したい場合にはハイエースバンを選ぶとよいでしょう。

ハイエースバンの勝利!!

ハイエースバンVSハイエースコミューター比較3.燃費

nenpiハイエースバンは積載量が比較的少ないこともあり、燃費がもっともよいです。

ハイエースバンは9.1km/l~14.0km/l、ハイエースワゴンは8.9~9.7km/l、ハイエースコミューターは8.9~10.2km/lで燃費でもハイエースバンが最も魅力的です。寒冷地ではそれぞれ燃費が落ちるので工夫して運転しましょう。

ハイエースバンの勝利!!

まとめ:ハイエースバンの方がおすすめです!

ハイエースは仕事で使うにはピッタリの車ですが、運ぶ量や人数で車両をしっかりと工夫する必要があります。

個人的な好みで言えば、やはり価格が安く、若干小柄で、十分な人を運べるハイエースバンがおすすめです。仕事の業種や目的に合わせて幅広く活用したいならば意外と燃費も余裕があるハイエースワゴンが良いかもしれません。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ