あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

ハイエースバンVSコミューター辛口比較!【価格・乗り心地・燃費】

haikomyu

同じハイエースとして利用できるモデルですが、乗車人数に差があり、コミューターのほうが大勢乗ることができます。目的に合わせて便利な一台を利用できるようにしましょう。

ハイエースバンVSコミューター比較1.価格

kakakuハイエースバンとハイエースコミューターは、199万円と300万円で、コミューターのほうが価格が高いです。

乗車人数が多く14人まで乗れますが、あまりにも大勢で乗らない場合にはハイエースバンでも十分運用できます。コミューターでも座席の取り外しができるので、積載量を重視したい場合には、工夫してみるとよいでしょう。

ハイエースバンの勝利!!

ハイエースバンVSコミューター比較2.乗り心地、乗車人数

Printハイエースコミューターは14人、ハイエースバンは9人まで乗車できるので、人数を多く載せたい場合にはコミューターのほうがお得です。

ハイエースコミューターは若干値段が高いですが、それでも人数がマイクロバス並みになっているのはとても魅力的です。車両総重量も2860~2990kgまでと幅広く、人員の運搬だけではなく、荷物の運搬にも最適です。

ハイエースコミューターの勝利!!

ハイエースバンVSコミューター比較3.燃費

nenpiハイエースバンの燃費は9.1~14.0km/l、ハイエースコミューターは、8.9~10.2km/lで、燃費で言えばハイエースバンのほうが良いです。

乗車人数や車両の重量が大きく関係しているので、実際にはそれほど差はなく、乗車人数に比例していると考えるとよいでしょう。ハイエースコミューターでも座席を外して車検を通せば燃費は向上できます。

ハイエースバンの勝利!!

まとめ:ハイエースバンの方がおすすめです!

個人的にハイエースバンは、価格も燃費もよく、コミューターと比べればデザインもそれほど変わりがないので、ボディカラーを青色や黒にして、業務用の車とわからないようにして利用できれば良いと思います。

家族の人数が多い場合や、車いすを乗せなければいけない場合にもおすすめなのはハイエースバンです。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ