あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

ハイエースコミューターVSレジアスエース辛口比較!【加速・価格・燃費】

haireji

ハイエースコミューターとレジアスエースは外見が非常に似ている車両で、人もモノも運ぶ車両としては比較されることも多いです。実際、どちらがお得に利用できるモデルなのでしょうか。

ハイエースコミューターVSレジアスエース比較1.加速、パワー

kasokuハイエースコミューターは乗車人数14名、レジアスエースは2名から9名で、コミューターのほうが魅力的です。

どちらもTOYOTAの車両で、乗車定員や燃費9.1~14.0km/lから判断するとレジアスエースはコミューターよりもワンランク低めのモデルと考えるのが良いでしょう。

コミューターは大容量な分、燃費は8.9~10.2km/lですが、約1.5倍から2倍の乗車定員で燃費は数km/lしか変わらないのは高スペックでパワフルといえるでしょう。

ハイエースコミューターの勝利!!

ハイエースコミューターVSレジアスエース比較2.価格、乗車人数

kakakuレジアスエースはハイエースコミューターの同系列車、ハイエースバンとスペックがほぼ一緒です。

価格も199万円、9.1~14.0km/l、乗車定員2名から9名という兄弟車とも言える車両です。外観の色合いがハイエースバンよりは少しクールですが、スペック面での差はほとんどありません。

兄弟車なのでほぼ引き分け!!

ハイエースコミューターVSレジアスエース比較3.燃費

nenpi乗車定員の違いもありますが、燃費はレジアスエースのほうがやはりお得です。

運搬する人数が毎回10名を超える場合にはコミューターを選ぶしかないですが、それほどヘビーな使い方をしないのであればレジアスエースがお得です。個人の事務所や中小企業で導入されることも多く、街で見かけることも多いモデルですね。

レジアスエースの勝利!!

まとめ:レジアスエースの方がおすすめです!

外見のフロント部分のデザインが多少レジアスエースのほうがかっこよく、スペックはコミューターよりは低いですが、一般的なレベルでの利用ならばレジアスエースで十分活躍できます。個人的には名前もREGIUSの方がかっこいいので、こちらがおすすめです。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ