あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

クラウンコンフォートVSクラウンロイヤル辛口比較!【燃費・価格・安全性】

タクシーでお馴染みのクラウンコンフォートと
会社社長や経営者が乗るようなクラウンロイヤルの比較です。
デザインも性能もクラウンロイヤルの方が高いですが、
どの程度差があるのかを確かめてみましょう。

クラウンコンフォートVSクラウンロイヤル比較1.燃費

nenpiクラウンコンフォートとクラウンロイヤルの燃費は、
9.8km/lと10.2~23.2km/lで、大幅にクラウンロイヤルが優れています。

車両総重量も1675kgと約1950kgでクラウンロイヤルの方が大きいイメージです。

タクシーよりも安定感があり、重厚でしっかりとした走りを実感できるでしょう。

クラウンロイヤルの勝利!!

クラウンコンフォートVSクラウンロイヤル比較2.価格・排気量

kakaku価格についてはクラウンコンフォート、クラウンロイヤルで、約273万円と約363万円で若干クラウンロイヤルの方が高いです。
排気量は2.0Lと2.5Lで0.5Lの差しかなく、
クラウンロイヤルは性能の差が大きく見えます。

クラウンロイヤルは、海外では要人向けのタクシーや送迎用に企業が活用することもあり、高級ホテルの送迎車などとしても利用されています。
国内でも、社長や経営者をユーザーとして考えた車両として
クラウンコンフォートと区別されて使用されます。

両者引き分け!!

クラウンコンフォートVSクラウンロイヤル比較3.安全性能

anzenクラウンコンフォートとクラウンロイヤルでは、
やはりクラウンロイヤルに軍配が上がります。

前方車や対向車に眩しいと思わせない工夫としてのアダプティブハイビームシステム(AHS)や
カーブの明るさを補うインテリジェントAFSも採用されています。

アクセル操作のミスによる事故を防ぎ機能や、
さまざまな操作ミスを減らす工夫も施されています。
全体的にクラウンコンフォートよりも
安全性も燃費もデザインもグレードアップされているといえるでしょう。

またクラウンロイヤルには、横滑りを防止する
ビークルスタビリティコントロール(VSC)やトラクションコントロール(TRC)、
戦士制動力配分制御(EBD)付ABSも標準設備として搭載されています。

ライトやバックミラー、ワイパーにもさまざまな工夫が凝らされており、
とても高品質な車両となっています。

クラウンロイヤルの勝利!!

まとめ:クラウンロイヤルの方がオススメです!

クラウンコンフォートとクラウンロイヤルでは、
圧倒的にクラウンロイヤルが魅力的ですが、
庶民に愛されるタクシーとしてはコンフォートも欠かせません。

それぞれによい魅力がある車両と言えます。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ