あなたはほぼ新車の中古車を100万円以上安く購入できる事もある、非公開車両の存在を知っていますか?
↓ ↓ ↓
≫30秒で完了!非公開車両の検索はこちら

アリオンVSカローラフィルダー辛口比較!【燃費・デザイン・積載量】

arikaro

今回はトヨタアリオンとカローラフィルダーを比較してみようと思います。ボディ形状こそ違いますが、大きさ排気量など非常に似たラインナップの両車です。今回は、燃費、デザイン、使い勝手について比較してみたいと思います。

アリオンVSカローラフィルダー比較1.燃費

nenpi今回は両方の1800ccで比較してみたいと思います。アリオンの1800ccの16km/Lとカローラフィルダーの1800ccは16.6km/Lとなっております。

車重で少し重いアリオンが燃費でも少し負けている原因だと思われます。セダンより荷物の積めるワゴンの使い方で左右されると思いますが、実燃費はアリオンの方がよい数字が出る事が多いかもしれませんね。

最近の車種ではもっと大きな排気量や車重にも関わらず16km/L辺りを出す車もありますので、どちらももう少し頑張れる余地が残っているように感じました。

両車種引き分け!!

アリオンVSカローラフィルダー比較2.デザイン

colorデザインについては、どちらもかなり保守的なデザインのエクステリアとインテリアで非常に平凡です。

これも購入されるターゲット層の好みが反映されているのだと思います。ただどちらも地道に正常進化を遂げている車で非常にコストパフォーマンスも高く使い勝手のよいデザインになっています。アリオンの方が質感が高く高級に仕上がっており、カローラフィルダーは若い人もターゲットに入れている為か少しスポーティな雰囲気に仕上げています。

運転する気にさせてくれるのはカローラフィルダーですし、ゆったりとした気分にさせてくれるのはアリオンですね。その辺りはどちらも価格以上のものを提供してくれます。

アリオンの勝利!!

アリオンVSカローラフィルダー比較3.積載量、使い勝手

anzen積載量、使い勝手の面で比較してみたいと思います。セダンとワゴンの違いが全てだと思います。

荷物をよく積む場合はワゴンの方が使い勝手はよいと思いますが、カローラフィルダーの荷室はワゴンとして見ると、それほど大きくはありません。正直アリオンのトランクの方が使い勝手がよいのではと思うほどです。後部座席を倒して荷室として使える方でしたら優位性が大きくなりますが、4人家族で荷物を積むという事であれば、ワゴンにするメリットはかなり少ないです。

開口部の形状からしても高く積むのは難しそうですので。どうしてもワゴンだから荷物が積めると思い込んでると、意外に詰めないケースが多いと思います。それでもやはり平等な目線で比較すると少しカローラフィルダーの方が使い勝手は上回っていると思います。

カローラフィルダーの勝利!!

まとめ:カローラフィールダーの方がおすすめです!

よく似た2台ですが、メーカーの力の入れ具合からするとカローラフィルダーの方が上のように感じます。

ハイブリッドの設定もカローラにはありますので。どちらも車の大きさや排気量の面でも一番使い勝手の良いクラスだと思いますが、最近は軽自動車、コンパクトカーやミニバン等の違うクラスの勢いに押されて全般的に元気がないように思います。

もっとこのクラスが元気になって魅力的な車が登場する事を願います。私が購入するとするとカローラフィルダーですね。

ikkatsusatei

≫45秒で完了!かんたん車査定ガイドはこちら

※かんたん車査定ガイドは東証一部上場のエイチームが運営するサイトです。
違法行為などは100%ありませんのでご安心下さい。



≫1位:アクセラスポーツVSデミオディーゼル

≫2位:マツダアクセラVSマツダデミオ

≫3位:トヨタアクアVSマツダデミオ

≫4位:マツダデミオvsホンダフィット

≫5位:LEXUS NX VS マツダCX5

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ